氷上綱引き大会 準優勝!

チーム・六角橋 氷上綱引き大会で準優勝!

平成29(2017)年、8月16日、反町公園横にある「横浜銀行アイスアリーナ」にて氷上綱引き大会が行われ、地区対抗の部において、六角橋チームが見事、準優勝に輝きました。

 

この日、神奈川区制90周年記念事業として、「真夏の氷上カーニバル」と銘打ち、第1部・スケートの羽生結弦選手による、スケートエキシビションと同選手による子どもスケート教室、第2部として氷上綱引き大会が行われました。

 

氷上綱引きは1チーム9人(男性・女性・小学生各3名)がスニーカー等の靴でリンクに立ち、綱引きを行うもので、区内21地区のチームに神奈川区役所チームが加わった、合計22チームによるトーナメント戦を行いました。

 

わが六角橋チームは、みんなの呼吸がピッタリ、チームワークよく接戦を勝ち抜き、決勝にコマを進めました。決勝では惜しくも敗れたものの、見事準優勝を果たし、準優勝の賞状を手にしました。

 

満面の笑みを浮かべた六角橋の選手からは「優勝はできなかったけれど、見事、準優勝!うれしかった!!」、「綱引きは、引っ張るというより『踏ん張る』という感じでした。それがコツかも」「夏だけれど、リンクはやっぱり寒かった(笑)」等の感想が聞かれました。

 

チーム・六角橋 準優勝までの軌跡

  • 1回戦 シード
  • 2回戦 六角橋 2-0 浦島丘
  • 3回戦 六角橋 2-1 羽沢
  • 準決勝 六角橋 2-1 新子安
  • 決 勝 六角橋 0-2 神之木西寺尾

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA