神橋小学校で卒業証書授与式が行われました

神橋小学校で卒業証書授与式が行われました。

2018(平成30)年3月20日(火)、雨の中午前10時から神橋小学校で第90回卒業証書授与式が行われました。

授与式は開会のことば、国歌斉唱、市歌斉唱の後の卒業証書の授与では、88人の児童、一人ひとりが名前を呼ばれ、校長先生から卒業証書を受け取りました。

その後、校長先生の式辞、来賓祝辞と式は進み、最後に卒業生の別れのことばと在校生の送ることばを一言ずつ送る「旅立ちのことば」で式は締めくくられました。

今回88人の児童が卒業証書を授与されましたが、この日を迎える前に病気で他界された女子児童が1人いらしたそうです。式では、1組の担任の先生がお人形を抱いて入場し、最前列の席にその人形を座らせ式典をすすめていきました。司会者も式の最後に、実際の卒業生88名のところを「以上89名」と紹介し、亡くなった女子児童も同級生の仲間とともに卒業しました。

このようにおごそかな中にも温かい気持ちのこもった卒業式。6年生の皆さん、卒業おめでとうございます。神橋小学校で学んだことを心に刻み、仲間との絆を大切にして、次のステージでさらに飛躍してください。

 

最後に歌う校歌。6年間の思いを込めて、元気に歌いました。
第90回の卒業証書授与式。神橋小学校の伝統の重みを感じます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA