地域行事の報告

北町町会で恒例行事「防災ハロウインウオーク」が行われました

10月26日(土)午後、北町町会では、すっかり恒例行事として定着している「防災ハロウインウオーク」が行われ、元気な子どもたちと保護者、スタッフなど総勢40名を超える皆さんが参加しました。

この行事は、ハロウインにちなんで仮装した子どもたちが、北町町会内にある「こども110番」のステッカーの貼ってある商店などを訪問し、「いざという時、お願いします!」とあいさつをしてお菓子をいただいてくるというもの。この日は高学年と低学年の2つのグループに分かれてウォーキングを行いました。

また、子どもたちは、神橋小学校そばにある公衆電話を使って公衆電話のかけ方を体験しました。公衆電話では、テレフォンカードを公衆電話の差し込むタイミングがわからなくなってしまったり、やさしくプッシュホンダイヤルを押すため、うまく電話がかからなかったり、悪銭苦闘する場面も。そのような時は、町会役員のかたやお母さんがたが、取扱い方をわかりやすく説明していました。

何よりも、仮装してとても楽しそうに町を歩く子どもたちの笑顔が印象的でした。

※後ほどスナップ写真をまとめ「ギャラリー」としてホームページに掲載させていただく予定です。

防災訓練実施報告

地域の防災力を高めよう!  防災訓練が行われる

 10月26日(土)の午前9時30分から、神橋小学校地域防災拠点で防災訓練が行われ、地域の皆さん、神橋小学校の先生、神奈川区職員、神奈川消防団のみなさん総勢200名を超えるかたが参加しました。(主催:神橋小学校地域防災拠点委員会)

 神橋小学校に集まった皆さんは、DVDを視聴し、地域防災の重要性を学んだ後、AED訓練、放水訓練、ダンボールベッド設置訓練などを行い、真剣に取り組んでいました。

また、会場では、感震ブレーカーのパネル展示、拠点備蓄食の試食コーナーなども設けられ、さらに家庭用備蓄食の販売なども行われました。

多くの地域の皆さんが集まった防災訓練。こうした訓練を少しでも多く経験して、いざという時に備える必要があると改めて実感しました。

※後ほどスナップ写真を「ギャラリー」として掲載させていただく予定です。