キャンドルホルダーを作ろう!

作ってみませんか?

おあなたのオリジナルのキャンドルホルダー

このたび、11月29日に行われる予定の「第2回 キャンドル ナイト」で神奈川大学横浜キャンパス内に設置されるキャンドルホルダーを作るワークショップが六角橋地域ケアプラザで開かれます。手ぶらで参加も可能です。

六角橋地域ケアプラザのホームページに掲載されているチラシを引用させていただきますので、ぜひご参加ください!

 

キャンドルホルダーの作り方を、楽しく学んでみましょう!?

※この記事は、本年8月4日に行われた「六神祭(ろくじんさい)」に向けて、主催者であるまち×学生プロジェクトの神奈川大学学生ボランティア支援室の学生の皆さんがPR用に作成した記事で、7月19日に当ホームページに掲載いたしました。キャンドルホルダーの作り方を学生の皆さんが楽しく紹介してくれていますので、ぜひご覧ください。

 【令和元年7月19日の掲載記事引用】

みんなで作ってワクワク!?ドキドキ!?

キャンドルホルダー

こんにちは、六角橋自治連合会HP制作委員会です。

(中略)

今回の六神祭では、神奈川大学学生ボランティア活動支援室の「六神祭」チームと、本学の人間科学部ゼミナールの「キャンドルナイト」チームとのコラボ企画!!キャンドルホルダー作り」を行います!!

【神奈川大学学生ボランティア活動支援室のスタッフ】

・代表&企画統括本部長の川島くん(左)

・「神大マルシェ」のリーダーを務めた大森くん(真ん中)

・そして毎度おなじみ、ダイチこと桜井くん(右)

 

さて、今回はそのキャンドルホルダーの作り方を紹介します!

誰でも簡単に作れるので、安心してくださいね♪

 

その① 牛乳パックを用意

今回のキャンドルホルダーは、空の牛乳パックで作っていきます。

 

その② 牛乳パックに切り込みを入れる。

まず、牛乳パックの下から3センチの部分をカッターやハサミで切り取り、次に四つ角に軽く切り込みを入れます。

その③ 牛乳パックを剥く

先程入れた切り込みに沿って、牛乳パックの表面だけをきれいに剥がしていきます。

④模様を描く

全面真っ白になった牛乳パックに、自分の好きなように絵や模様などを描きこみます

⑤描いたところをカッターで切り抜いて完成

描いた絵や模様の線に沿って、切り込みを入れれば完成!

あとは、暗い場所でろうそくやライトを中に入れれば…

こんな感じに!

 

一個だけだとあまり想像はつきにくいかもしれませんが、これがたくさん集まると..

とても綺麗!!

今年の冬に開催されるキャンドルナイトでは、3000個以上のキャンドルホルダーを使用する予定です!!

絶景になること、間違いなし

今回は、キャンドルホルダーの簡単な作り方を紹介していきました。

(後略)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA