「岸根公園」で遊んだよ!~神橋小学校放課後キッズクラブ

毎月第2土曜日に行われる「オハナの遊び場」

5月11日、「オハナの遊び場」が開かれ、神橋小学校放課後キッズクラブのみんなで岸根公園で遊びました。

「オハナ」はハワイ語で家族という意味で、オハナの遊び場は子ども、ママ、パパなど家族全員が参加できる子育て広場で、神奈川大学の学生が企画運営するするものです。(共催 神奈川大学ボランティア部(GYL=グローバル エンエン リープ)。横浜市城郷小机地域ケアプラザ)

この日は良い天気であったため、参加した子どもたちは広々とした公園で思い切り遊ぶことができました。特に、大人たちと行ったしっぽ取りゲームでは、子どもたちが大奮闘、大いに盛り上がりました。

 

神橋小学校放課後キッズクラブ活動の紹介 

母の日に向けて感謝の想いを形にしました

ゴールデンウィーク明けの今日5月7日から、放課後キッズクラブの活動も再開しました。

長い連休明けの今日は、子どもたちも少々お疲れ気味のようでした。キッズの先生が「今日寝坊した子~!」と子どもたちに聞いたところ、およそ1割の子供が手を上げました。これから少しずつペースを取り戻していくことでしょう。

そんな中、今日は母の日に向けてプレゼントを作りました。日ごろ、お母さんに対して感謝の気持ちをうまく言葉で伝えられない子にとっても、その気持ちを思い思いに形にしてプレゼントするということは、とても素直で優しい気持ちになることでしょう。

子どもを迎えに来たお母さん方は子どもからプレゼントを手渡され、思わず顔がほころんでいました。こうした親子の触れ合いも、放課後キッズで体感しています。

 

 

 

新入生も迎えて、キッズの新年度・新時代が始まる

今日一番の関心毎は新元号の発表。発表を受けて、子どもらしい感想が聞かれました。

いつもと違う4月1日がスタート!

神橋小学校放課後キッズクラブは、新入生を迎えて、にぎやかに新年度がスタートしました。

今日は、校内ツアーを行い、学校にある桜の木を数えたところ、なんと17本もあったとのことです。

また、新元号の発表は子どもたちも興味津々だったようで、みんなテレビにくぎ付けとなりました。新元号が「令和」と発表されると「平和と間違えるね」「今日はエイプリル・フールだから、明日は違う名前になるのかな」「平成が懐かしい」など、ユニークな感想を述べる子どももいました。

いよいよキッズの新年度と新時代がスタート。

このクラブで1人でも多くの友達を作り、未来に向かってすくすくと育て、キッズ!!

 

日ごろからの意識が肝心!キッズで避難訓練を実施

 

神橋小学校放課後キッズクラブで避難訓練を実施しました。

校庭で元消防署長さんの説明を聴くキッズの子どもたち。

3月27日(水)の神橋小学校放課後キッズクラブでは学校の校庭なども使って防災訓練を行いました。

元消防署長さんを講師に迎え、日ごろの心構えのお話を聞いたり、通報訓練、初期消火訓練を行い、校庭に避難した後は岸根公園まで歩きました。

訓練の最後の振り返りでは、参加した子どもたちは「良いことを学んで経験できた」と感想を発表してくれました。

大人、子どもにかかわらず、非常時のための訓練は大切ですね。今回は、子どおたちにとってよい経験のできた1日になりました。

六角橋に桜が咲きました!

神橋小学校の桜が花開きました!

六角橋の皆さん、春ですよ~!

地域の方から投稿していただきました。桜の花がきれいに咲いていますね。