北町でハロウィン×防災・防犯イベントが行われました!


ウオーキングの途中で「スタンドパイプ」の説明もありました。

昨年に引き続き、2018年10月27日(土)、北町で「ハロウィン防災・防犯ウオーク」が行われ、多くの親子が参加しました。

この日は小学校低学年と高学年に分かれて、思い思いの衣装を身にまとい、それぞれ、公衆電話のかけ方を教わり、実際に電話をかけてみたり、北町の「子ども110番」のステッカーのあるお店などを確認し、子どもたちが「いざという時、お願いします」とお店の方々とあいさつを交わしました。

それぞれのお店では、訪れた子供どもたちに色々な種類のお菓子を手渡してくださり、交流を深めました。

ウオーキング終了後の振り返りでは、子どもたちから、「まちの人が私たちを見守ってくれていることがよくわかった」「いままfで気が付かなかったけれど、こども110番の7お店やお家がたくさなることがわかった」「お菓子をたくさnもらえて楽しかった」など、色々な感想が出ました。

 

詳しい報告は後日ホームページにアップします。

防災ウォークが実施されました

北町自治会で六角橋初のイベント

「~ハロウィンを楽しみながら~ 北町防犯ウォーク」が開催されました

 

2017(平成29)年10月28日(土)、北町自治会で「~ハロウィンを楽しみながら~ 北町 防犯ウォーク」が開催されました。

 

このイベントは、ハロウィンの行事に絡め、北町エリア内の「こども110番」のお宅や「災害時帰宅支援ステーション」のお店を巡り、その場所を確認することで、子どもたちの防災・防犯に役立てようというものです。

 

当日は台風の影響による雨天にも関わらず、14名の子どもたちとお母さん方が参加し、北町エリアの「こども110番」のステッカーの張ってあるお店の場所を確認し、お店に立ち寄りました。中には、ハロウィンにちなんで自慢の「マイ・衣装」で仮装して参加する子どもたちもいました。

 

立ち寄ったお店では、子どもたちが「いざという時お願いします!」と声を合わせて非常時の緊急避難に協力をしていただけるようお願いをすると、お店の皆さんは「はい、いざという時には、遠慮せずに駆け込んできてくださいね!」と言って、子どもたち一人ひとりにお菓子を手渡しました。

 

このイベントは初めての試みで、北町の石井防災部長は「イベントの実施を決めてから今日まで、準備の時間が少なく心配でしたが、無事に終えることができてよかったです。」とお話していました。また、今回のイベントの企画・実施に中心的な役割を担った防災部の岩崎さんは「イベントの構想は数年前から頭の中にありました。ようやく実現できてよかったです。」と話してくださいました。また、たくさんのお菓子をゲットした子どもたちは「他のルートでも確認してみたい。」と第2弾の実施を楽しみにしていました。

 

各町会では、子ども会の会員を募集しています。
秋のお祭りを始めとした町会ごとの行事や、6町会合同の行事など、いろいろなイベントを用意しています。
詳しいことは、各町会や子ども会の役員さんにお尋ねください。