防災ウォーキングが行われました

  • オリジナルのルートマップを見ながら「次のポイントに向かってみんなでレッツ・ゴー!」公衆電話体験なども行いながら、暑い中、みなさん元気に和気あいあいと防災ウォーキングを楽しみました。

    防災ウォーキングが実施されました

2018年6月3日(日)、真夏を思わせる気候の中、六角橋自治連合会(企画・運営 地域交流活動委員会〉による「防災ウォーキング」が実施され、スタッフを含めた総勢40名が参加しました。

このイベントは、防災意識の向上と健康づくりのために地域防災拠点である神橋小学校をスタートし、約1時間、六角橋の地域を歩き、また学校に戻るルートで行われました。

この日は、六角橋自治連合会の森会長の挨拶に続き、災害時に気を付けることをまとめたDVDを視聴後に、東・中・上の3町会と西・北・南の3町会の2グループに分かれて、それぞれのグループの町会の中を歩き、非常用トイレが格納されている倉庫やスタンドパイプなどの防災設備の見学、狭い道やがけ伝いの道を歩き、危険個所のチェックなども行いました。

ゴールした後に、振り返りとして、各グループごとにウォーキングで発見したこと、感想などを発表しました。発表では、たくさん発言する子や、恥ずかし気に話す子など、それぞれが一生懸命に振り返りを行い、北町自治会防災部の岩崎さんに講評をしていただきました。

今回のウォーキングでは、公衆電話を使っての電話をかける体験や町会からお借りした無線を使っての無線訓練体験なども行われ、参加した子どもたちからは「初めてがいっぱいあった!!」「公衆電話がかけられるようになった」といった声がありました。

また、同行した保護者の皆さんからは「いつも歩いている道ですが、消火栓やスタンドパイプなど今まで気にしていなかったものを発見することができて面白かった」といった感想や「子どもたちが、(力の加減がわからず)プッシュ式のダイヤルボタンを押せず、苦労していた」といった声も寄せられました。

参加した皆さん、暑い中、ウォーキングお疲れさまでした。

地図(防災ウォーキングで使用した地域交流活動委員会作成のルートマップです。ここをクリックするとご覧いただけます。

 

参考資料(当日配布した「地域交流活動委員会特製」防災設備説明書です。クリックするとご覧いただけます。)

地域交流活動委員会の皆さんがスタンドパイプの使い方を説明しました。
防災倉庫の中に何が入っているのか確認しました。

今年もChange Jindai(チェンジ  神大)が行われました

今年も楽しいイベントになりました!            ~Change Jindai 2018~

 

2018年5月20日(日)、夏を思わせる日差しの中、神奈川大学ボランティア部 GLOBAL☆YEN☆LEAPが主催する「Change Jindai 2018」が行われ、神奈川大学の学生や地域の方々が参加し、楽しみながら町をきれいにしてきました。

今年で9回目を迎えた「Change Jindai」は、神奈川大学の周辺でクイズその他のミッションをこなしながらまちのごみ拾いをするものです。拾ったごみの量とミッションのポイントをグループで競い、合計点の高いグループが優勝となるとあって、皆さん気合十分!?に参加していました。

イベントを終えて笑顔・笑顔の参加者の皆さん。暑い中お疲れさまでした!

イベントを終えたGLOBAL☆YEN☆LEAPの 渡辺匠・代表はイベントを終えた安堵感と次のイベントに向けた反省点をチェックしながら

「今回はchange jindai2018にご協力いただきありがとうございました。紆余曲折ありましたが、なんとか無事イベントを終えることが出来ました。これは六角橋地域の方々、みなさまのおかげでごさいます。ありがとうございます。開催してみて上手く行かない点や、改善すべき点が多く見られました。そういった点についてはこれからの組織、企画の運営に反映していき、これからの活動をより良いものにしたいと思います。これからもグローバルエンリープの活動ご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いします。 」と語ってくれました。

次のイベントも皆期待しています。

防災ウォークが実施されました

北町自治会で六角橋初のイベント

「~ハロウィンを楽しみながら~ 北町防犯ウォーク」が開催されました

 

2017(平成29)年10月28日(土)、北町自治会で「~ハロウィンを楽しみながら~ 北町 防犯ウォーク」が開催されました。

 

このイベントは、ハロウィンの行事に絡め、北町エリア内の「こども110番」のお宅や「災害時帰宅支援ステーション」のお店を巡り、その場所を確認することで、子どもたちの防災・防犯に役立てようというものです。

 

当日は台風の影響による雨天にも関わらず、14名の子どもたちとお母さん方が参加し、北町エリアの「こども110番」のステッカーの張ってあるお店の場所を確認し、お店に立ち寄りました。中には、ハロウィンにちなんで自慢の「マイ・衣装」で仮装して参加する子どもたちもいました。

 

立ち寄ったお店では、子どもたちが「いざという時お願いします!」と声を合わせて非常時の緊急避難に協力をしていただけるようお願いをすると、お店の皆さんは「はい、いざという時には、遠慮せずに駆け込んできてくださいね!」と言って、子どもたち一人ひとりにお菓子を手渡しました。

 

このイベントは初めての試みで、北町の石井防災部長は「イベントの実施を決めてから今日まで、準備の時間が少なく心配でしたが、無事に終えることができてよかったです。」とお話していました。また、今回のイベントの企画・実施に中心的な役割を担った防災部の岩崎さんは「イベントの構想は数年前から頭の中にありました。ようやく実現できてよかったです。」と話してくださいました。また、たくさんのお菓子をゲットした子どもたちは「他のルートでも確認してみたい。」と第2弾の実施を楽しみにしていました。

 

各町会では、子ども会の会員を募集しています。
秋のお祭りを始めとした町会ごとの行事や、6町会合同の行事など、いろいろなイベントを用意しています。
詳しいことは、各町会や子ども会の役員さんにお尋ねください。

 

杉山大神例大祭 開催される

杉山大神例大祭がおわる

今年も、9月9日(土)・10日(日)に杉山神社のお祭りが盛大に執り行われました。

今年も天気に恵まれ、9日(土)の本宮祭式典の挙行から、杉山神社大神輿渡御、10日(日)の大神輿奉賛まで、盛大な盛り上がりの中、無事例大祭を終えました。

特に、10日(日)の午後は、大神輿の後ろに6か町の子ども神輿がついて、祐天寺通りを練り歩きました。

沿道の方も、こどもたちの神輿を担ぐ姿に、うちわであおいであげたり、一緒に「わっしょい!」と声を出したりと熱気に溢れていました。

今年はまち×学生プロジェクトのメンバーで、当HP製作委員会委員である、神奈川大学の成田和樹さんが、密着取材をして動画をアップしました。

ぜひ、動画をご覧いただき、厳かに行われる神事と六角橋の熱気をお楽しみください。