「第4回六神祭」にお越しいただき、ありがとうございました

こんにちは。

神奈川大学 学生ボランティア活動支援室、今回の「第4回六神祭」の企画リーダーを務めさせていただきました。3年生の三輪と申します。

8月4日に行われた「第4回六神祭」にお越し頂いた皆様に、心から感謝申し上げます。

参加された地域の皆様と学生が笑い合い、楽しむ姿を見て、六角橋はとてもあたたかいまちだなと、改めて実感いたしました。

今回、グループのみんなと一緒に作ったキャンドルホルダーを、11月末に行われるキャンドルナイトで、六神祭ブースにて点灯する予定ですので、自分たちが作ったキャンドルホルダーが綺麗に灯されるのをまた見にいらしてください。

皆様とまた笑顔でお会いできる日を、学生一同心から楽しみにしております。


さて、ここからは六神祭で活躍してくれたボラ室スタッフを紹介していきます!

まずは、総合司会を務めてくれたこの2人!
元気な2年生コンビ♪
六神祭の顔として、素晴らしきトーク力で司会進行をしてくれました。

そして、我らがボラ室の代表であり、六神祭のマネージャーの川島くん。
司会の補佐として2人をサポートし、会場の盛り上がり状況に応じてタイムキーパーをしてくれました。

お次は、黄昏の受付嬢さんたち!
暑い中受付係として、参加者の皆様を迎えてくれました。
みんながスムーズに入場できたのは彼女たちのおかげです!ありがとね!

2年生の後輩たち!
みんなの見えない裏方で準備や片付けなどの作業をしてくれました。
これからのボラ室を頼んだよ♪

忙しい中駆けつけてくれた4年生の4人!
まさに四天王のような貫禄です。
先輩たちが助けに来てくれて、とても嬉しかったです。ありがとございました!
(ちなみに一番奥のやっちーこと谷内田先輩は一昨年の第2回六神祭のリーダーです!)

本企画のサブリーダー、ホームページではおなじみ、なぜか頭を丸めたダイチこと桜井君。今年の4月に六神祭のプロジェクトが始まって約4カ月、ずっと一緒に彼と頑張ってきました。僕にとっては最高の相棒です。ありがとう。

 

 

最後になりますが、第4回六神祭に参加してくださり、ありがとうございました。

地域の皆さんとまたこのまちのどこかでお会いし、「あ!六神祭にいた人だ!」と思って声をかけてくださると、とても嬉しいです。

六神祭を通して、皆さんと交流を深めることが出来たことを、心から嬉しく思います。

ありがとうございました。

 

三輪将大

六神祭ギャラリー(その1)

午前の部(1)特製すごろくによるアイスブレークタイム

午前の部(2)キャンドルナイト用のキャンドルホルダーづくり

午前の部(3)ホルダーの完成!お弁当タイム、そして世代間交流

午前の部(4)ミニ・「キャンドルナイト」ショー

 

六神祭、大盛況!

神大生の心からのおもてなしで、楽しい地域交流イベントに!

 

8月4日(日)神奈川大学横浜キャンパスにて、六神祭(ろくじんさい)が行われ、六角橋を始めとする地域のかたがたが集い神奈川大学の学生の心のこもったおもてなしを受け、地域と神奈川大学学生との交流を楽しみました。

※本日はすべての写真を掲載することができません。後日、六神祭ギャラリーとして少しずつアップしていきますのでご了承ください。

1 午前の部

午前の部は、六角橋の各町会から参加した皆さんと神川大学の学生の学生が班を作り、すごろくを用いた自己紹介を行って打ち解けたのちにキャンドルホルダーを作りました。これは11月に行われる予定の「キャンドルナイト」に使う「キャンドルホルダー」となります。

すごろくで止まった場所に書いてある質問に答えることが自己紹介となる、六角橋特製すごろくの派生版を用いてアイスブレーク。一気に班のメンバーが和みました。
皆さん工夫を凝らしながら「世界に1つしかない」キャンドルホルダーを作っています。
キャンドルホルダーの完成です!皆さん、満足気な表情でした。
キャンドルホルダーづくりでお腹もペコペコ?班でまとまってお弁当タイム。すごろくで始まったコミュニケーションをさらに深めながらの楽しいランチです。
参加者全員で、早速出来栄えを確認。できあがりはバッチリ!とても幻想的な世界を生み出しています。

2 午後の部

午後の部は、神奈川大学の学生団体と地域の団体が出演する楽しいステージが繰り広げられました。

神奈川大学・フォークスの皆さんによるライブ演奏
六神祭でもすっかりおなじみになった、神奈川大学・ロスガトスの皆さんによるフラメンコ
六角橋囃子保存会の皆さんによる獅子舞
獅子舞は観客席をひと回りしてくださいました。
マハロ六角橋の皆さんによるハワイアンの演奏とフラダンス